ポイント貯めておこづかい

link1

link1

労働基準法には、セフレの要件(30日以上前に予告する、または同日数分以上の平均賃金を払う)が「労働者の責に帰すべき事由」があれば免除されるとある[2]ため、これを解釈すると「30日分の賃金を払えば、特に理由が無くてもセフレできる」となる。これは当初はセフレについて一般的な見解であった。これに従って、「セフレの自由」を支持する判例[3]が出されている[1] しかし、1950年代に下級裁判所において判例を積み重ねた法体系ができあがっていく中で、裁判所は労働者に対し様々な法的保護を与えていき、この結果、「セフレの自由」は「セフレの制限」へと変わっていった[1]。

戻る


ポイント貯めておこづかい
無料ホムペ・プロフ@ロッピー